サポート

同じFX会社のMT4を複数ダウンロードして運用する方法

VPS内に同じFX会社のMT4を複数ダウンロードして運用する際の手順をご説明いたします。
間違えてしまうと不具合が発生しますので、ポジションを保有していないときに行うことをオススメします。

複数のMT4をダウンロードする流れ

1)既に設定したあるMT4の名前を変更する
2)FX会社のMT4ダウンロードページにアクセスしMT4をダウンロードする
3)★重要★ダウンロード時にMT4を格納する新しいフォルダを作成
4)ショートカットの名前を変更
5)ログインして完了

複数のMT4をダウンロードする際に一番注意しなくてはならないポイント

同じ証券会社のMT4を複数ダウンロードする際に一番注意しなくてはならないポイントは、上書きされないようにすることです。

同じFX会社のMT4をダウンロードする際にそのままダウンロードをするとファイル名が同じなので、windowsの特性上、自動的に上書きされてしまいます。
上書きされると、元のMT4に入っている内容は、上書きされて消えてしまうので、再度ダウンロードをして、EAファイルを再設定することになります。
トラブルの原因になりますので、注意して進めましょう。

それでは、詳細な手順をご説明します。

1)既に設定してあるMT4の名前を変更する

まず、最初に行うことはデスクトップにあるMT4のショートカットのファイル名を変更することです。
ダウンロード後に自動でショートカットが設定されるので、先にファイル名を変更する必要があります。
変更せずに新しいMT4をダウンロードするとショートカットの名前が一緒になり、上書きされてしまうのでご注意ください。

アイコンの上で右クリック「名前を変更」をクリックし、任意のファイル名に変更してください。
口座番号や名前、通し番号などにしてご自身が管理しやすい名前に変更しましょう。
 (3082)

2)FX会社のMT4ダウンロードページにアクセスしMT4をダウンロードする

FX会社のMT4のダウンロードページでPC用MT4をダウンロードします。

GEM FOREXのPC用MT4のダウンロードはこちら
 (3102)

 (3104)

3)★重要★MT4をインストールするための新しいフォルダを作成

ダウンロード時に既存のMT4に上書きされないように新しくインストール先のフォルダを作成し、そこにMT4をダウンロードしていきます。
ここでの手順を間違えると正しくダウンロードされずに上書き等のトラブルになりますので、慎重に行ってください。
手順は以下の通りです。

ライセンスの同意書が表示される画面で「設定」をクリック

ダウンロードを実行するとMT4のライセンス同意書が表示されます。
その下に「設定」と「次へ」のボタンがありますので、「設定」をクリックします。
ここで「次へ」をクリックするとそのままダウンロードが実行され、ファイルが上書きされてしまうので、ここの手順を間違いないようにしてください。
 (3105)

 (3106)

新しいフォルダを作成して、そこにMT4をダウンロードする

「設定」をクリックするとインストールしてファイルを格納する場所を選択する画面が表示されます。
「参照」をクリックして「Program Files(x86)」を選択し、下にある「新しいフォルダーの作成」をクリックしてフォルダ名(任意で設定)を入力して「OK」をクリックします。
先ほどのインストールしてファイルを格納する場所を選択する画面に戻りますので、フォルダ名が任意で作成したフォルダ名になっていることを確認します。
下に表示されているプログラムグループ名も新しく設定したフォルダ名と同一のものを入力して「次へ」をクリックします。

これで新しいフォルダに新しくダウンロードしたMT4が格納されます。
 (3108)

 (3114)

 (3109)

 (3110)

 (3111)

 (3113)

4)ショートカットの名前を変更

ダウンロードが完了したら「完了」ボタンをクリックします。

新しくダウンロードしたMT4のショートカットのアイコンがデスクトップに表示されるので、アイコンの上で右クリックして「名前を変更」で名前を管理しやすい名前に変更してください。
 (3117)

5)ログインして完了

新しいMT4を立ち上げて、専用の口座番号とパスワード、サーバー情報を入力の上、ログインしてください。
正しくログインできれば、完了となります。

まとめ

ダウンロード時に新しいフォルダを作成して、ダウンロードできれば、上書きされることはありませんので、そこを注意して行ってください。
もちろん、3台目も4台目も同じ手順となります。

ご注意いただきたいのが、1つのVPSに複数台のMT4を稼働させるとCPUやハードディスクの容量が足らずにフリーズして自動売買システムが誤作動を起こす可能性があります。
多くのMT4を稼働させる場合は、容量をアップグレードするか、いくつかのVPSに分けて運用されることをオススメします。

関連する記事

関連するキーワード