サポート

自動売買システム(EA)をVPSで運用する方法

自動売買システムは、24時間稼働させておく必要があります。ご自身のパソコンでも可能ではありますが、パソコンの寿命が短くなりますし、不慮の事故でパソコンが落ちてしまった場合、EAが誤作動を起こし、損失が発生する可能性があります。 強制ではありませんが、月額の費用は、2,000円程度になりますので、大切な資金を守るためにVPSでの運用をオススメします。

目次

1)オススメのVPS
2)VPSの申込み方法
3)リモートデスクトップ情報の取得
4)リモートデスクトップへのアクセス方法
5)まとめ

1)オススメのVPS

オススメのVPSは、お名前.comのデスクトップクラウドです。

オススメの理由は、以下の3点です。
・インターネット業界で大手のGMOグループが運営しているので安心
・FX専用のVPSサービスなので、予めMT4がインストールされている
・料金もインターネット大手ならではの低コスト

他のVPSもいろいろとありますが、お名前.comが鉄板ではないでしょうか。

2)VPSの申込み方法

下記のお申込みボタンをクリックして、お名前.com FX専用VPSの申込みページにアクセスします。
 (339)

・ページの内容をご確認の上、「今すぐ申し込む」をクリック

①プランと支払い期間を選択する

1GBプランを選択します。
支払期間は、長期の方が割安になります。
 (483)

 (306)

・はじめての方は、メールアドレスとパスワードを入力して「次へ」をクリック
・お名前IDをお持ちの方は、IDとパスワードをいれてログイン

②お申込み確認・お支払いに関するメール

お申込み完了後、ご契約者様宛にお名前.comよりお申込み確認メールとお支払いに関するメールが届きます。

初回のお申込みに限り、お申込み時に電話認証が必要となります。
電話認証は、お申込み確認メールの認証用URLをクリックしてください。
クリック後認証用画面に遷移しますので、表記に沿ってお手続きをお願いいたします。
コンビニエンスストア払いでお申込みの場合は、メール本文に記載のURLをクリックし、オンライン決済番号(支払いに必要な情報)を取得していただく必要がございます。
お申し込み確認メールの件名
[お名前.com] デスクトップクラウド お申込み確認

③料金のお支払い

支払い手続きが完了すると支払い完了のメールが送信されます。
請求書払いのお客様には、翌営業日に請求書を発送いたします。
領収メールの件名
[お名前.com] デスクトップクラウド 初回お支払い分

④サービス利用開始

お名前.com側で入金確認後、1~2時間程度で設定完了となります。
設定完了後、会員情報に登録されているメールアドレス宛にサービス設定完了のお知らせが届きます。

設定完了確認メールの件名
[お名前.com] デスクトップクラウド 設定完了

3)リモートデスクトップ情報の取得

①初期設定を行う

[お名前.com] デスクトップクラウド サービス設定完了のメールが届いたら、お名前.comの管理画面にログインして、初期設定を行います。
お名前.comの管理画面にログイン

お名前.comの管理画面にログイン

・ログインした画面の中段に赤枠で囲った「デスクトップクラウド」が1件と表示されています
・こちらをクリックします
 (494)

・コントロールパネルにログインをします
 (495)

・「初期設定へ進む」をクリック
 (496)

・ユーザー名とパスワードを設定します
・パスワードは忘れずに控えておいてください
 (497)

・コントロールパネルのホームに先程のユーザー名が表示されてステータスが「稼動中」になっていれば初期設定は完了です

②リモートデスクトップの接続情報を取得する

 (500)

・リモートデスクトップに接続する際に必要な情報になります
接続に必要な情報
・RD ゲートウェイ サーバー名
・接続先コンピューター名
・ユーザー名
・パスワード

4)リモートデスクトップへのアクセス方法

リモートデスクトップの接続情報が取得できましたら、その情報をもとにアクセスします。

パソコン、スマートフォン、タブレットなど、ご自身のデバイスとOSをご確認の上、アクセスします。
各デバイスごとのアクセス方法は、お名前.comのWEBページをご確認ください。
各デバイスからのアクセス方法は以上になります。
リモートデスクトップにMT4をインストールして、自動売買システムを設定する方法については、こちらのページをご確認ください。

5)まとめ

自動売買システムを運用するためには、VPSは欠かせないものとなります。
安心して稼動するためにも信頼のおけるサーバー会社で契約をしましょう。

運用開始後は、必ずご自身のデバイスからアクセスできるようにしておきましょう。

関連する記事

関連するキーワード