運用結果

【Monthly Report】VOYAGE 2020年1月

Stella FX VOYAGEのマンスリーレポートになります。

サマリ

Stella FX VOYAGEの2020年1月の運用結果は、以下のとおりです。

実運用8ヶ月目に入りました。
運用資金(100万円スタート) 828,682円
期間 8ヶ月目
月間利益 ¥-117,157(-¥78,096)
月利 ¥-11.71%(-7.80%)
取引回数 13回(16回)
勝敗 8勝5敗(9勝7敗)
勝率 61.5% (56.3%)
プロフィットファクター 0.26(0.40)
リスク・リワード 0.16:1(?)
※()内は、前月の数値
※プロフィットファクター=総利益 ÷ 総損失
※リスク・リワード=平均利益:平均損失
※スワップポイントを含んだ数値
※自動売買システムの設定内容によって若干の誤差が発生します
※利益を保証するものではありません
※経済指標の発表時やボラティリティが高くなることが予想されているときは停止しています

市況概況

2020年は波乱の幕開けとなりました。
イラン有力者の殺害を受けて一時107円台後半まで円高が進み、年始から中東情勢の緊張が高まりました。
その後は、両国がこれ以上の対立悪化を望まない姿勢を示したことで地政学リスクが後退、ドル円は1月17日に110.29まで上昇しました。
ユロドルも月初から米イラン間の対立を受けたリスクオフのドル買いや良好な米国の経済指標、長期金利の上昇で1月10日に1.1085まで下落しました。

ドル円もユロドルもその後、一旦反発したものの下旬は、中国武漢で発生した新型コロナウィルスの感染拡大のニュースで再度リスクオフの展開となりました。
ドル円は、108円台前半、ユロドルは1.1000近辺で終えています。

一方株価は、月中頃まではリスクオフの展開で下げたものの月末には早くも底打ちの様相を呈して、ダウ、ナスダック、S&P500ともに揃って上昇して終えている。

トレードの振り返り

ドル円

勝敗 5勝1敗(2勝4敗)
勝率 83.3%(33.3%)
総利益 36,212円(7,465円)
総損失 ▲18,968円(▲91,407円)
収支 17,244円(▲83,942円)
ドル円は、6回取引し、いずれも円高に下げたタイミングで買いのエントリーで入ってコツコツ利益を積み上げました。

月末に負けトレードが1回ありますが、新型コロナウィルス感染拡大のニュースで下振れしたものなので、仕方ないですね。
 (4119)

ユロドル

勝敗 3勝4敗(7勝3敗)
勝率 42.8%(70.0%)
総利益 4,826円(45,491円)
総損失 ▲139,227円(▲39,645円)
収支 ▲134,401円(▲5,846円)
ユロドルは、大きく負け越してしまいました。
日足の200MAを上抜けしたところで買いでエントリーし、その後下落したところをナンピンしましたが、新型コロナウィルスの感染拡大二ユースとともに下落したところで損切りとなりました。

結果が全てなので、トレードの言い訳をすることはありませんが、相場が合っていないという判断には繋がらないとみています。
 (4120)

 (4123)

 (4124)

 (4125)

まとめ

8ヶ月目が経過しました。
徐々に資金を減らし、苦しい展開が続いています。

「休むも相場」という言葉がありますので、不安な方は、新型コロナウィルスの底打ちが見えるまでは停止するのも一つの選択肢だと思います。

宜しくお願い申し上げます。

関連する記事

関連するキーワード