運用結果

【Monthly Report】Sputnik 2020年6月

Stella FX Sputnikのマンスリーレポートです。

サマリ

Stella FX Sputnikの2020年6月の運用結果は、以下のとおりです。

実運用(フォワードテスト)1ヶ月目の結果です。
Sputnikは、開始時期や証拠金によって結果が異なります。その点、ご理解いただいた上でご確認ください。
運用資金 1,521,811円
期間 1ヶ月目
月間利益 ¥ 91,569(-)
月利 6.01%(-)
取引回数 82回(-)
勝敗 62勝20敗(-)
勝率 75.60% (-)
プロフィットファクター 2.36(-)
リスク・リワード 0.76:1
※()内は、前月の数値
※プロフィットファクター=総利益 ÷ 総損失
※リスク・リワード=平均利益:平均損失
※スワップポイントを含んだ数値
※自動売買システムの設定内容によって若干の誤差が発生します
※利益を保証するものではありません

日別の収支

 (5035)

通貨ペアごとの収支

通貨ペア 勝敗 収支
USD JPY 3勝1敗 1,281円
EUR USD 17勝3負 19,459円
 GBP USD  9勝3負 22,122円
AUD USD 取引なし 0円
NZD USD 3勝1負 7,298円
EUR GBP 9勝7負 7,500円
USD CAD 17勝5負 32,688円
USD CHF 4勝0負 1,221円
合計 62勝20敗 91,569円
実運用開始1ヶ月目ですが、コンスタントにコツコツと積み上げました。
日別のグラフでも分かるように、ほぼ毎日、利益を積み上げています。
通貨ペアごとにみていくと米ドルカナダドル、ポンドル、ユロドルが大きく貢献しています。

ユロドルが全て買いエントリーでの利益に対して、ポンドルは売りエントリーが多く、両建てでもエントリーしています。
通貨ごとのバランスと通貨単位でリスクヘッジをし、安定的に利益を積み上げています。

Stella FX同様にナンピン・マーチンなので、ポジションが積み上がると含み損を抱える状態が続きます。常時10〜20%くらいの含み損をかかえている状態が続くので、最初は少し不安になられた方もいたと思いますが、反発ポイントを見極めてナンピンしていくので、急激な下落や上昇にも強いです。

勝率、プロフィットファクターも非常に高い数値ですが、上記のように安定して毎月利益を積み上がる取引なので、放ったらかしでも安心してみておくことができます。
 (5068)

まとめ

フォワードテスト1ヶ月目が終わりました。結果は、記載の通りで、無事、離陸成功です。
月利は、バックテスト に近い約5%のパフォーマンスでした。
Sputnikは、運用資金や開始時期によって結果に開きが出るので、中には10%以上利益が出ている方もいらっしゃいます。(もちろん、長期でならすと同じようなパフォーマンスになります)

販売開始前からお問い合わせも多く、リリース後も非常に多くの方にご購入いただきました。まずは、信じてご購入いただきました方々に感謝いたします。ありがとうございました。

「まずは、様子をみてから」というスタンスだった方も是非、この機会に始めてみてください。

宜しくお願い申し上げます。

関連する記事

関連するキーワード