運用結果

【Monthly Report】Stella FX 2020年6月

Stella FXマンスリーレポートです。

サマリ

Stella FXの2020年6月の運用結果をご報告します。

公式アナウンスでご案内のとおり、6月5日,、7月2日の雇用統計前に自動売買を停止しています。
証券会社は、GEM FOREXの口座です。他の証券会社で運用した場合は、結果が異なります。
上記の点をお含みおきいただき、運用結果をご確認ください。
運用資金 100,000円
設定 SF01 USD JPY Long & Short 0.05lots
設定 SF02 USD JPY Long & Short 0.01lots
設定 SF02 EUR USD Only Short 0.01lots
月間利益  64,517円(74,174円)
月利            64.5% (74.17%) 
取引回数                  131回 (174回)
勝敗  83勝48敗 ( 114勝60敗 )
勝率             63.35% (  65.5%)
プロフィットファクター  2.76 (  3.15)
リスク・リワード 1.60:1.00
※()内は、前月の数値
※プロフィットファクター=総利益 ÷ 総損失
※リスク・リワード=平均利益:平均損失
※スワップポイントを含んだ数値
※自動売買システムの設定内容によって若干の誤差が発生します
※利益を保証するものではありません
※経済指標の発表時やボラティリティが高くなることが予想されているときは停止しています

市況概況

各国の新型コロナウィルスに対するアクションが変化していく中、株価は3月にマークした大底からの上昇が今月も続きました。
ダウとS&P500は、急落前の値からフィボ78.6%戻しを達成し、ナスダックについては、全戻し後に、史上最高値を更新し、1万ドルの大台に乗せました。
月の後半には、調整の売りが出ていますが、今後も調整を入れながら、上昇していくとみています。
日経平均も同様に上昇し、2万円の大台を回復しています。

そのような中、為替の方はドル円が月初に110円手前まで上昇しました。
しかし、その後は106.74まで下落して、月末は6月の高値、安値のちょうど半分にあたる108円手前まで上昇して終えました。
106円〜108円のレンジ相場が依然として続きます。
ユロドルは、月初に1.14を超えて上昇した後に、ダラダラと下落しています。
こちらは、長期の下落トレンドの中で保ち合いの相場となりました。

新型コロナウィルスは、中南米とインド、アフリカで感染者が急激に増えています。
また、中国や日本、韓国などでも第二波への警戒が強まっています。

新型コロナウィルスによる自粛期間が5ヶ月以上経過しています。経済とのバランスがとても難しい局面にきている状況です。
また、11月の米大統領選挙に向けた動きが活発になってくることから、引き続きヘッドラインには注意が必要です。

ドル円

6月の高値は、6月5日の109.85、安値は6月23日の106.07で3円77銭の間で推移しました。
106円〜110円のレンジ内で膠着しています。
 (5044)

ドル円週足チャート

ドル円週足チャート

・終値ベースでは2017年5月から現在まで104円後半〜114円の長期レンジ相場になっている

ユロドル

6月の高値は、6月19日の1.1422、安値は6月19・22日の1.1168で1ヶ月の値幅は253ポイントでした。

ユーロドルも値動きが少なかった1ヶ月でした。
勢いが出てくるまで様子見が良さそうです。
 (5048)

ユロドル週足チャート

ユロドル週足チャート

・2018年5月から続く下落チャネル
・切り返してはいるものの上に抜けるには材料が必要のようです

トレードの振り返り

上記のような市況の中、Stella FXはどのようなトレードをしたのかを振り返ります。
 (5052)

グラフは、日別の利益を表しています。
6月5日の雇用統計と7月2日の雇用統計とで月初と月末は停止していました。
稼働日数が少なかったものの、しっかりと利益を積み上げています。

推移

次は月次の推移と資金の推移を見ていきましょう。

月次収支

 (5057)

資金の推移

 (5059)

順調に資産を増やしています。
6月の運用結果をまとめると、
・新型コロナウィルスはアフリカ、中南米地域で感染拡大、他も第2波の懸念で緊張続く
・ドル円は、106円〜108円のレンジ内で小動き
・ユロドルも小動き
・稼働日数が少なかったものの、安定して利益を積み上げた
・勝率、プロフィットファクター、リスクリワードともにハイパフォーマンスで終えた

という結果でした。

必ず、利益分は資金移動して単利運用を行いましょう!
 (5090)

まとめ

2020年も折り返し地点にきました。
今年の上半期は、新型コロナウィルスという過去に例のない事態に人類が直面し、経済だけでなく人々の生活に大きな変化をもたらしました。
今後の未来を語る上で大きなターニングポイントになったことは間違いありません。

様々なものが変化し、今までどおりではなくなってしまいますが、大切なものが見えたという点では、ポジティブに受け止めています。

最近、夏の匂いが感じられるようになりました。コロナで変わってしまうものと変わらないものありますが、この匂いは、私が小さい頃から、いやもっと昔から変わらないものです。

夏は、もうすぐそばまでやってきています。
それでは、また。

人生は、神様がくれた夏休み。

関連する記事

関連するキーワード