運用結果

【Monthly Report】VOYAGE 2019年7月

Stella FX VOYAGEのマンスリーレポートになります。

サマリ

Stella FX VOYAGEの2019年7月の運用結果は、以下のとおりです。

実運用2ヶ月目になります。
取引回数は、増えてませんが7月も着実に利益を積み上げています。
運用資金 1,011,648円
期間 2ヶ月目
月間利益 31,569円 (11,648円)
月利 3.15% (1.1%)
取引回数 18回(16回)
勝敗 14勝4敗(13勝3敗)
勝率 77.7% (81.2%)
プロフィットファクター 1.62(1.14)
リスク・リワード 0.46:1(0.26:1)
※()内は、前月の数値
※プロフィットファクター=総利益 ÷ 総損失
※リスク・リワード=平均利益:平均損失
※スワップポイントを含んだ数値
※自動売買システムの設定内容によって若干の誤差が発生します
※利益を保証するものではありません
※経済指標の発表時やボラティリティが高くなることが予想されているときは停止しています

市況概況

6月29日に開かれたG20の場で米中首脳会談が行われ、通商交渉の再開が発表されると市場には安堵感が広がり、ドル円は上昇してのスタートとなりました。その後、109円にトライするも失敗し、パウエルFRB議長の利下げ示唆の発言から一転、円高に動きました。
ドル円は、月末まで107円から109円のレンジ内を上下に往ったり来たりという展開になりました。

ユロドルも月の前半は、米国の株価が最高値を更新する中、利下げ示唆でドルが売られ1.20〜1.28近辺で停滞しました。

そのような中、月末のFOMCで利下げの幅と年内の利下げ回数に注目が集まりました。
月の中旬は、様子見のこう着状態が続きましたが、経済の指標が好調なことを背景に予想の利下げ幅が行き過ぎだったという見方からドルが買い戻され、徐々にドル高に推移し、FOMC後にこれまで何度かトライして抜けなかった1.1100をブレイクして1.10台へと突入しました。

ドル円は、FOMC後にドル買いで円安方向に進み109円台に乗せるも8/1には反落して、8月2日には106円54で取引を終えています。

ドル円

勝敗 9勝2敗(7勝2敗)
勝率 81.8.%(77.7%)
総利益 53,844円(46,635円)
総損失 ▲26,238円(▲47,546円)
収支 27,606円(▲911円)
7月のドル円は、上値が重い中、月の前半にコツコツと細かいトレードで利益を積み上げました。
先月は、マイナスの着地でしたが、今月はしっかりと利益を出しています。
勝率も8割越え、プロフィットファクターも約2.0と非常に優秀なトレードでした。
こう着状態に入った月半ばと月末のFOMC前は、トレードを控えているあたりも複数のインジケータがしっかり機能している結果です。

ユロドル

勝敗 5勝2敗(6勝1敗)
勝率 71.4%(85.7%)
総利益 27,917円(46,622円)
総損失 ▲23,954円(▲33,063円)
収支 3,963円(13,559円)
ユロドルは、利下げ問題が大きく影響していたことから、ボラティリティが高かったため、エントリー回数が少なく、結果も微益で着地しています。

売り、買い両方でエントリーしていますが、ユーロの数値が弱かったのとドルインデックスが上昇していた背景もあり、基本は売りのエントリーで利益を出しました。

トレードの振り返り

月の前半に多くのエントリーと決済が寄っています。
中盤は、月末のFOMCを睨んで様子見ムードだったことから、相場が膠着状態だったため、1回のみのエントリーにです。

ドル円もユロドルも月の前半に効率よく利益を積み上げることができたので、1ヶ月通してどっしりと構えて見守ることができました。
 (2691)

まとめ

VOYAGEの実運用がスタートして2ヶ月目になります。
今月も粛々と利益を積み上げることができました。

年利で30%くらいのアベレージなので、バックテストの結果からいうと平均的な結果だったと言えます。
エントリー回数が少ないですが、勝てるところを選んでのエントリーなので、勝率が高くStella FXに比べて、ゆっくりしたリズムでトレードをします。

よく、「Stella FXとVOYAGEのどちらが良いですか?」というご質問をいただきます。
回答としては、タイプが違うものなので使い分けが良いと考えています。

VOYAGEは、証拠金に合わせて自動でロット数を調整してエントリーしていきますので、Stella FXで出た月の利益をVOYAGEにスライドしていくのが最も安定して資金を増加させる方法です。

ご興味ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

宜しくお願いします。

関連する記事

関連するキーワード