運用結果

【Monthly Report】VOYAGE 2019年8月

Stella FX VOYAGEのマンスリーレポートになります。

サマリ

Stella FX VOYAGEの2019年8月の運用結果は、以下のとおりです。

実運用3ヶ月目になります。
米中貿易問題やイギリスの離脱問題、地政学リスクなどを背景にリスクオンの流れとなり、ドル円は年初来安値を更新、ユロドルは2年3ヶ月ぶりに1.1000をブレイクしました。
そのような荒れた相場環境でもVOYAGEは、着実に利益を積み上げています。
運用資金(100万円スタート) 1,043,217円
期間 3ヶ月目
月間利益 57,711円 (31,569円)
月利 5.24% (3.15%)
取引回数 18回(18回)
勝敗 15勝3敗(14勝4敗)
勝率 83.3% (77.7%)
プロフィットファクター 2.19(1.62)
リスク・リワード 0.41:1(0.46:1)
※()内は、前月の数値
※プロフィットファクター=総利益 ÷ 総損失
※リスク・リワード=平均利益:平均損失
※スワップポイントを含んだ数値
※自動売買システムの設定内容によって若干の誤差が発生します
※利益を保証するものではありません
※経済指標の発表時やボラティリティが高くなることが予想されているときは停止しています

市況概況

7月末のFOMCでは、米国の経済が底固いことを確認、利下げ幅も市場予想より低い利下げ幅となった。
これを受けて、ドルが買われドル円は一時109円台に乗せたが、トランプ大統領が9月1日から対中関税第4弾の発動を発表し、107円台に急落して8月が始まる。
その後も逆イールド現象が確認されたり、米国が中国を為替操作国に認定するなどリスクオフの流れで円高が進んだ。

8月13日に第4弾の対中関税の発動を延期したことでドル円は106円まで戻したものの、8月23日、中国が報復関税の発動を発表し、米国の市場の引け後、対抗処置として、トランプ大統領が制裁関税率の引き上げをツイート。
8月26日の週明けの月曜日に大きな窓を開けてドル円は急落し、年初来安値の104.44円をマークした。

年初来安値を更新したものの、日米の通商協議が上手く進んでいることが報じられ、米中の通商協議も再開が報じられたことで106円台に乗せて8月を終える。

ユーロドルは、欧州圏の景気、物価の低迷が長期化し、ユーロ安が進み2017年5月以来の1.1000を割れをマーク。
今後もユーロの屋台骨であるドイツ経済の景気鈍化、イギリスのEU離脱問題、イタリアの財政問題などに対する懸念がユーロ安の要因になるとみている。

8月は、所謂「夏枯れ相場」と言われ、ドル円は円高に進むことが過去の実績でも確認できているがまさにそのような結果となった。

各通貨ペアの取引結果は以下をご確認ください。

ドル円

勝敗 8勝1敗(9勝2敗)
勝率 88.8%(81.8%)
総利益 53,817円(53,844円)
総損失 ▲12,563円(▲26,238円)
収支 53,817円(27,606円)
ドル円 日足チャート

ドル円 日足チャート

円高に急落して始まった8月は、月の前半、円高に進んだところでは、ほぼエントリーせず静観していました。

月の後半に下値を拾って細かく積み上げて利益を出しています。
勝率も88%と好調な結果で、米中の貿易問題で上下に荒い値動きだったドル円相場を上手く乗り切ることができました。

ユロドル

勝敗 9勝2敗(5勝2敗)
勝率 81.8%(71.4%)
総利益 52,363円(27,917円)
総損失 ▲35,907円(▲23,954円)
収支 16,456円(3,963円)
ユロドル 日足チャート

ユロドル 日足チャート

ユロドルもドルが売られて急騰して始まりました。
しかし、2018年2月の高値を頂点とする下落トレンドの調整的な動きで、その後は約2年3ヶ月ぶりに1.100をブレイクして、年初来安値を更新しています。

前半は、上昇した調整波に上手く乗ってコツコツ利益を積み上げて、後半は下落した推進派に乗って利益を積み上げました。

月末に負けトレードが1回ありましたが、終わってみれば、手堅く利益を積み上げています。

トレードの振り返り

8月は、市場参加者が夏休みに入り流動性が下がるので、あまり積極的なトレードはしないのですが、今回は月初から大きく動いたので通年よりも多くトレードし、利益を積み上げています。

米中貿易問題が激化し、トランプ砲(トランプ大統領のツイート)や貿易問題関連のヘッドラインで敏感に反応する状況でしたが、トレンドはドル円もユロドルもしっかりと下落トレンドを表していたため、そのトレンドに上手く乗って利益を積み上げました。

勝率が高く、1回の利益も一定額でしっかり利確し、負けトレードは、(自動で)損切りをしています。
勝率が約9割あって、リスクリワード2.0以上のパフォーマンスですから安心して放置できています。
 (2739)

開始から3ヶ月が経過しました。
平均の月利は3.2%となっています。
バックテストでは。単利運用の場合、年間で約30%程度のパフォーマンスでしたので、バックテストどおりの結果で着地できています。
 (2740)

資金の増加もスピード感が出てきました。
100万円スタートで3ヶ月終わって資金が10%増加しています。

複利は、資金が多ければ多いほど増加スピードも早いので、500万円以上で運用しているお客様は既に100万円近い利益が出ています。

資金に合わせて自動でエントリーロットを調整しますので、細かく設定を変更する必要がないというのも運用上の大きなメリットです。
 (2742)

まとめ

実運用3ヶ月目も着実に利益を積み上げています。
リスクオフの展開から、円高、ドル高に進みましたが、危なげないトレードだったと自負しています。

資金の増加も10%に達したので、比較するのもあれですが、銀行の定期預金とは比べ物になりませんね。

よく「VOYAGEもStella FXと同じように小まめに止めたり、資金移動やロット設定が必要ですか?」というお問い合わせをいただきますが、全く必要がありません。
実運用開始後、一度も停止したり、資金移動せずに放置ですし、ロットは自動でシステムが資金に併せて変更してエントリーします。

これだけ手離れが良く、安定した運用なので是非、Stella FXを既に運用されているお客様には、その利益をこちらの複利運用に回して運用されることをオススメしています。

宜しくお願いします。

関連する記事

関連するキーワード