コラム

今週の狙い目(2/4〜2/9)

今週狙い目の通貨ペアについて解説します。
10年以上トレードしてきた経験を元に狙い目の通貨ペアがあったときには、発信していこうと思います。
あくまで、超個人的な考えなので、ご参考にしていただくのは結構ですが、投資の最終判断は、自己責任でお願いします。

今週はポンド円とポンドドル

今週は、ポンド円とポンドドルが良い形になっています。
具体的な説明に入る前に、ポンドについて少しだけご説明します。

ポンドは、通称「殺人通貨」と呼ばれるくらい値動きが荒いのが特長です。
また、私見ではありますが、一度トレンドが発生するとそこそこ長く続く傾向にあります。

ですので、十分注意してトレードするようにしましょう。
また、当たり前ですが、損切りは徹底して行いましょう。一度設定した損切りの値を変更するなどは絶対にNGなので、気をつけてください。
損切りは、利益と同じだけの価値があります。

では、解説です。

環境の整理

 (507)

環境の整理から行いましょう。

・約1年緩やかな下落トレンド
・直近数ヶ月はBrexit関連で上下に荒い動き
・ここ1年の高値と安値は、高値2018年2月 156.6、安値 2019年1月 132.53
・ここ1年の高値と安値で引いたフィボナッチの半値戻し(50%)でレジスタンスされている(画像参照)
・年始の安値が行き過ぎていた反動で、短期で上昇し、チャネルを形成(画像参照)
・チャネル崩れが発生して、トレンド転換のサインが出ている(画像参照)
・チャンネル崩れ後に若干上に戻したものの143.50でレジスタンスされている
 (510)

 (511)

エントリーポイントと利確、損切りライン

上記の環境の整理を踏まえて、エントリーポイントと利確、損切りラインになります。

エントリーポイント

エントリーの前提条件
・143.50でレジスタンスされている

エントリーポイント
143.50でレジスタンスされて下落がはじまり、20MAを下にブレイクしたら売りでエントリー
 (516)

利確ラインと損切りライン

・利確ライン  
短期 142.00
中期 140.00
長期 138.00

・損切りライン
144.00上抜け

※リスクリワードは、1.5以上で設定
17 件

関連する記事

関連するキーワード