Stella FXについて

第2弾 Stella FX VOYAGEをリリースします!!

FX自動売買システムStella FXの第2弾Stella FX VOYAGEについてご説明します。
 (1938)

目次

1)Prologue
2)VOYAGEの概要と特長
3)バックテストの結果
4)5つの特長
5)リスクについて
6)オススメの運用方法
7)VOYAGEの料金
8)まとめ

1)Prologue

昔の人は、言いました。「かわいい子には旅をさせろ」と。
我が子と同じようにかわいいものは、いくつかありますが、それらに旅をさせてこられたでしょうか?

そんな大切なものの一つが、やっぱり「お金」。
お金は大切です。
ですが、大切にするあまり手離せなくなって、ついつい自分の近くに置いて、縛ってしまう。

お金にも投資という名の旅をさせるべきだと、分かってはいるもののついつい先延ばしにしてしまう。


・・・


お金にも旅をさせよう!
そして、大きな航海を経験したあとは、きっと大きく実り、豊かに成長して、私を喜ばせてくれるはず。
きっと…


航海に出るのに必要なものは、ほんの少しの勇気と10年後の自分に対するコミットメント。

さぁ、出航の時間だ。

Stella FXの第2弾として、Stella FX VOYAGE(以下、VOYAGE)をこのたびリリースいたします。
第1弾のFX自動売買システムは、リスクをコントロールしながら単利で運用するタイプのものでしたが、今回は、中長期で資産を形成していくタイプの自動売買システムとなっております。
複利で運用し、5年後、10年後には大きな資産を築いていただけるような設計になっています。

これから、VOYAGEについて、ご説明いたします。
少し長くなりますが、どうぞ最後までお付き合いください。
 (1939)

2)VOYAGEの概要と特長

早速、Stella FX VOYAGEの詳細をご説明していきます。
まずは、概要からです。

VOYAGEの概要

VOYAGEは、ドル円とユーロドルの2つの通貨ペアを運用します。
それぞれにエキスパートアドバイザー(以下、EA)を設定します。
各通貨ペアの概要は以下をご確認ください。
通貨ペア USD/JPY(ドル円) EUR/USD(ユロドル)
ポジション Only Long Long & Short
推奨ロット 0.4 0.4
時間足 H1(1時間足) H1(1時間足)
※1ロット=10万通貨
※レバレッジ25倍で証拠金100万円を運用した場合の推奨ロットになります
※ロット数の設定は、取引発生時の有効証拠金に応じて自動で変動します
※上記はあくまで推奨のロット数となり、実際の発注時には、システムが自動でリスクコントロールをしてロット数を20~50%増減させてエントリーします
世界でもっとも取引されているドル円とユロドルの2つの通貨ペアなので、値動きは安定しています。また、テクニカルも機能しやすいため、中長期で運用する自動売買システムとしては安定したパフォーマンスが期待できます。

さらに複数のロジックを組み合わせることで、相場状況と資金状況を判断し、ロット数の強弱を自動でシステムが行いエントリーをします。
自動ですので、最初の設定さえすれば、あとはほったらかしで大丈夫です。

VOYAGEの特長

概要を理解したら、次は特長について説明します。
VOYAGEの特長は、大きく5つあります。

①勝率9割の超秀逸なトレードストラテジーとロジック
②複利運用で10年後に資産60倍以上のパフォーマンス
③経済指標やイベント時でもシステムを停止する必要がない“ほったらかし”運用
④証拠金上限なし
⑤法人口座も開設可能
それぞれの特長については、このあと詳細をご説明します。
その前に、まずはバックテストの結果をご覧ください。

3)バックテストの結果

ドル円のバックテストの結果

 (1940)

期間 2009/1/2~2019/4/26
初期証拠金 ¥1,000,000
総取引数 686回
勝敗 607勝79敗
勝率 88.48%
最大ドローダウン 10.93%
相対ドローダウン 23.25%
総利益 ¥16,375,083
総損失 ¥-7,150,841
純益 ¥9,224,242
プロフィットファクタ 2.29
約10年間のバックテストで、初期の証拠金100万円が10年後に約922万円に増加しています。
トレード回数は、10年で686回なので、1年で70回程度、1ヶ月で5、6回のトレードとなります。
驚くべきは、勝率が88%もあることです。
トレード回数が少ない分、月単位でみたときには、マイナスの月もありますが、最大ドローダウンも相対ドローダウンも低いことから安心して運用していくことができます。

ユロドルのバックテストの結果

 (1941)

期間 2009/1/2~2019/4/26
初期証拠金 ¥1,000,000
総取引数 887回
勝敗 809勝78敗
勝率 91.21%
最大ドローダウン 24.86%
相対ドローダウン 24.86%
総利益 ¥82,094,850
総損失 ¥-27,839,695
純益 ¥54,255,155
プロフィットファクタ 2.95
こちらも10年で100万円が5,425万円に増加しています。一瞬目を疑うくらい凄まじい数字です。
もちろん、小細工は一切していません。
こちらもドル円同様、取引回数は少ないのですが、勝率が驚異の9割超え、プロフィットファクタも2.95と非常に効率の良い取引を行なっています。
最大、相対ドローダウンも24%程度と低いので、こちらも安定した運用が期待できます。

バックテストの結果 まとめ

ドル円とユロドルの10年間のバックテストの結果でした。
ドル円とユロドルを合わせると10年で100万円が6,000万円以上になる結果が出ています。
もちろん、相場に絶対はありませんし、この先、同じような相場環境とも限りませんが、10年間で一度も資金がゼロになることなく、着実に利益を積み上げています。

この10年間でこの結果がなぜ凄いかと言いますと、既にお分かりの方もいらっしゃると思いますが、経済に大きな影響を与えた2つの歴史的な出来事が起こりました。

1つ目は、2008年10月からのリーマンショック。
2つ目は、2013年3月の東日本大震災。

どちらも発生後、株価は暴落し、為替も大きく動いて、金融市場がパニックに陥りました。
そのような時にこのパフォーマンスは、敏腕トレーダーでも難しいと思います。

証拠金に応じて、ロットを自動計算し、複利運用をしますので前半は緩やかに上昇しつつ、途中から増加曲線が急角度で上昇しているのがわかると思います。

これが、秀逸なロジックと複利のパワーです。

注意!!バックテストの結果は、利益を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身お責任でお願いします。
 (1946)

4)特長

VOYAGEの5つの特長についてご説明します。

①勝率9割の超秀逸なトレードストラテジーとロジック

バックテストの結果にも記載のとおり、ドル円が勝率88%、ユロドルが勝率91%あります。
複数のロジックを組み合わせて「勝てるところでトレード」することを自動で行います。トレード回数が10年間でそれぞれ700回前後ですので、1年で70回、月に5、6回しかトレードしません。
それだけ、勝てるところを厳選してエントリーしているということです。

恐らく、プロのトレーダーでもこれだけの勝率は難しいでしょうし、それを10年間にも渡って継続することは、ほぼ不可能に近い数値です。

②複利運用で10年後に資産60倍以上のパフォーマンス

第1弾のStella FXは、単利運用で常に資金を一定に保ちながら運用することを推奨していますが、VOYAGEは、複利運用の自動売買システムです。

証拠金に応じてシステムが自動でロット計算をしてトレードします。ほったらかしで複利運用が可能となります。複利の力は、とても強力で10年で60倍という驚異的な結果をバックテストでは記録しています。

アインシュタインが「複利は人類最大の発明」と言ったように緩やかに増加しながら、途中から急カーブで資産が増加していきます。

10万円→600万円
100万円→6,000万円
1,000万円→6億円
これが夢ではありません。

③経済指標やイベント時でもシステムを停止する必要がない“ほったらかし”運用

第1弾のStella FXは、相場の急変時に不利なポジションを持たないよいうに大きな経済指標の発表や選挙などのイベントがあるときは、自動売買システムを停止するようご案内しておりますが、VOYAGEは、経済指標やイベント時に停止する必要はありません。

年末年始くらいは、停止することをオススメしますが、基本的にはそのまま放置で大丈夫です。

④証拠金上限なし

第1弾のStella FXは、証拠金が200万円を超える(注)と自動でレバレッジ規制が入ってしまい、自動売買システムが正常に稼働しなくなってしまいます。そのため、200万円以上の運用をご希望の方は、別口座を開設して新たにEAを購入して運用していただいています。

今回のVOYAGEは、証拠金の上限がありません。レバレッジも25倍程度あれば十分回せるものなので、一つの口座で運用できます。
複利運用ですから、基本は出金せずにほったらかしで運用することができるので、手間がかかりません。

注:XMは、全ての口座の証拠金が200万円を超えると自動でレバレッジ規制が入ります
is6comとGEM FOREXは最大5口座まで開設でき、1口座あたりの残高が200万円を超えるとレバレッジ規制が入ります

⑤法人口座も開設可能

利益が増えると考えなくてはならないのが、税金です。
税金対策の面でも法人口座が開設できるのは非常にメリットが大きいです。
会社の収支にトレードの収支を計上することができますので、節税対策としても法人口座はオススメです。

尚、詳しい税金についてお問合せは、税理士の方に直接ご相談ください。

5)リスクについて

ここまでは、特長やメリットなどをお伝えしてきましたが、きちんとリスクについてもお話しておきます。
VOYAGEは、ハイパフォーマンスが期待できる自動売買システムではありますが、どこまでいっても投資に絶対はありません。
投資の最終判断は、ご自身の責任でお願いします。

VOYAGEの運用において想定されるリスクは、以下のとおりです。

損失(ドローダウン)

どれだけ優秀な自動売買でも、100%相場を読み切って利益を上げ続けることは不可能です。バックテストの結果では、過去10年で勝率が約9割です。裏を返すと1割は負けトレードになります。

その時に損失が発生しますので、単月でみるとマイナスになる月も発生する可能性があります。
その時の損失がどの程度かというと、バックテストの結果では、ドル円が約23%、ユロドルが約24%です。
仮に100万円で運用していた場合、最大で約25万円程度の損失が発生する可能性があります。また、ドル円とユロドルが損失を出しているタイミングが重なると合わせて50万円程度の損失が発生する可能性があります。

これがバックテストの結果から言えるVOYAGEのリスクです。十分ご理解いただいた上で運用していただくことをお願いします。

損切り

VOYAGEは、第1弾のStella FXとは違い、単発でポジションを保有します。さらに利確だけでなく、損切りも自動で行いますので、含み損を抱えている場合も自動売買システムにお任せで大丈夫です。もちろん、途中で手動決済も行えますので、心配な方はご自身の判断で手動決済しても構いません。
 (1965)

以上がVOYAGEのリスクについてでした。
リスクを正しく理解した上で運用していただくようお願いします。

6)オススメの運用方法

VOYAGEのオススメの運用方法についてご説明します。

何度もお伝えしているとおり、VOYAGEは複利運用の自動売買システムです。複利運用ということは、証拠金が増えれば増えるほど、ロット数を上げて運用していくことになります。
10年で60倍というバックテストの結果が出ているので、最初に入れた証拠金をそのままでも十分資産の増加を狙えるのですが、それだとちょっと勿体無いです。

VOAYGEは、10万円からでもはじめられますので、定期的に資金を追加していくことをオススメします。

では、その定期的に追加する資金をどこで手に入れるかというと、第1弾のStella FXは、単利運用を推奨していますので、単利で得た利益を定期的に追加していくことで複利の成長のスピードが上がります。

是非、第1弾とVOYAGEを上手く組み合わせて、賢く資産を増やしていってください。

7)料金

VOYAGEの販売価格は、300,000円(税別)となります。
第1弾のStella FXに比べると少し高くはなりますが、それだけの価値があると自信を持ってオススメいたします。

8)まとめ

Stella FX VOYAGEについてのご説明は以上となります。
ご理解いただけましたでしょうか?

「勝率9割、10年で資産が約60倍」ってことだけを聞くと、なんとも怪しい感じがすると思いますが、バックテストの結果や運用方法、リスクを知ることで非常に大きなポテンシャルを秘めた自動売買システムだということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

30万円の初期投資は発生しますが、10年で割ると1年間で3万円、1ヶ月で2500円です。
1ヶ月2500円で将来の不安を解消でき、自分が叶えたい未来を手に入れることが出来るかもしれないとしたら、30万円は安すぎる買い物だと思います。

Stella FXの第1弾をリリースした時から「お客様の豊かな未来を創造する」という想いでやってきました。その想いは、変わることなくより一層大きく、強くなっています。

是非、皆さんの投資ポートフォリオの一つに組み込んでいただけるよう、宜しくお願いします。

ご不明な点がございましたら、直接LINE@にお問い合わせいただくか、販売パートナーの方々にご質問ください。
 (1973)

注意事項

バックテストの結果や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。

関連する記事

関連するキーワード